www.culture-pub.jp

ABOUT US

沿 革

CKエンタテインメント

19824月16日株式会社 コムストック 発足
199511月30日株式会社 キネティック 発足
1997パリ、18区、夜。『パリ、18区、夜。』(K)
1998TAXi『TAXi』『ドーベルマン』(C) 『アンジェリク〜はだしの女公爵』(K)
1999『バッファロー'66』(K)
2000『ストップ・メイキング・センス』『サルサ!』『ブラッドシンプル/ザ・スリラー』(K)
2001『DOWNTOWN81』(K)
2002マルホランド・ドライブ『マルホランド・ドライブ』(C) 『エトワール』『ガーゴイル』『TAMALA2010 a punk cat in space』(K)
2003インファナル・アフェアⅠ『インファナル・アフェアⅠ』(C) 『ブラウン・バニー』(K)
2004『インファナル・アフェアII 無間序曲』(C)
『箪笥』(C)
2005『インファナル・アフェアⅢ 終極無間』『カーテンコール』(C)、『トゥルーへの手紙』(K)
20067月31日 コムストック 株式会社キュービカルエンタテインメントへ社名変更
長い散歩『ピーナッツ』,『僕が9歳だったころ』(C),『ストロベリーショートケイクス』(C)、『白バラの祈り』『ブロークン・フラワーズ』『エコール』『長い散歩』(K)
2007墨攻『墨攻』(C)、『アルゼンチンババア』(K)
4月1日キュービカルエンタテインメントとキネティック合併。CKエンタテインメント株式会社発足
パンズ・ラビリンス『キャプティビティ』(CK)、『アレックス・ライダー』(CK)、『パンズ・ラビリンス』(CK)
2008フローズン・タイム『フローズン・タイム』(CK)、『コッポラの胡蝶の夢』(CK)
10月1日 CKエンタテインメント 株式会社レントラックジャパンと合併。レントラックジャパン CKエンタテインメント事業部の設立。BIG TIME ENTERTAINMENT作品の取り扱い開始

※主な配給映画 (C)⇒コムストック,(K)⇒キネティック,(CK)⇒CKエンタテインメント

カルチュア・パブリッシャーズ

19881月30日カルチュア・パブリッシャーズ株式会社 発足
1996 『トキワ荘の青春』(劇場公開)
1997 「イワトビペンギンROCKY×HOPPER」(GAME)
「ボルケーノ」オリジナル サウンドトラック(CD)
1998 『女と男のいる舗道【字幕版】』(VHS)
淀川長治総監修『世界クラシック名画100撰集』
1999 「夜叉」オリジナルサウンドトラック(CD)
2000 『シュリ』
2002「TV見仏記」
20033月1日カルチュア・パブリッシャーズの音楽事業を日本ソフトサービスに承継
『アバウト・シュミット』
2004韓国ドラマパッケージ発売事業開始
『グッバイ、レーニン!』
「クァンキ」
2005「バリでの出来事」
「威風堂々な彼女」
「Happy Together」
200611月14日カルチュア・コンビニエンス・クラブから株式会社レントラックジャパンに100%株式譲渡
「ごめん、愛してる」「砂時計」
2007「モデル」
「英雄時代」
「90日、愛する時間」
「がんばれ!クムスン」
2008「北斗の拳」誕生25周年記念DVD-BOX
「猫ざんまい」
「タルジャの春」
「テジョヨン」
『家紋の復活』

2009年4月1日
株式会社CCCと合併。カルチュア・パブリッシャーズとCKエンタテインメントの事業を統合し、
株式会社CCC カルチュア・パブリッシャーズ事業部の設立

2009年10月1日
カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社に吸収合併

2010『ファンボーイズ』
『キック・アス』
「美男<イケメン>ですね」
「パスタ」
2011『スカイライン-征服-』
『新少林寺/SHAOLIN』
「トキメキ☆成均館スキャンダル」
「ロイヤルファミリー」
2012『マリリン 7日間の恋』
『エージェント・マロリー』
「美男イケメンラーメン店」
「キング~TwoHearts」
>
2013『最後のマイ・ウェイ』
『マジック・マイク』
「いとしのソヨン」
「百年の遺産~ククスがむすぶ愛~」
2014『大統領の執事の涙』
『パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間』
「清潭洞<チョンダムドン>アリス」
「キレイな男」

2014年12月1日
カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社が分社化し、
カルチュア・パブリッシャーズ事業部は、カルチュア・エンタテインメント株式会社へ承継

2015『セッション』
『ナイトクローラー』
「誘惑」
「魔女の恋愛」
2016『ルーム』
『ダーク・プレイス』
「ピノキオ」
「愛するウンドン」

主な出資作品

2000『花様年華』
2002『HERO』
2004『LOVERS』
『ラブストーリー』
『2046』
2015『黄金のアデーレ 名画の帰還』
2016『シング・ストリート 未来へのうた』
『溺れるナイフ』
『日本で一番悪い奴ら』