www.culture-pub.jp
トップ > 劇場配給 > 黄金のアデーレ 名画の帰還

劇場配給

黄金のアデーレ 名画の帰還

TSUTAYA ONLINEで購入する

黄金のアデーレ 名画の帰還

ストーリー

82歳の女性と駆け出し弁護士が国を訴えた!?
数奇な運命を辿った名画に秘められた真実の物語が、今、明かされる―-。

20世紀が終わる頃、ある裁判のニュースが世界を仰天させた。アメリカに暮らす82歳のマリア・アルトマン(ヘレン・ミレン)が、オーストリア政府を訴えたのだ。"オーストリアのモナリザ"と称えられ、国の美術館に飾られてきたクリムトの名画<黄金のアデーレ>を、「私に返してください」という驚きの要求だった。伯母であるアデーレの肖像画は、第二次世界大戦中、ナチスに略奪されたもので、正当な持ち主である自分のもとに返して欲しいというのが、彼女の主張だった。弁護をするのは、駆け出し弁護士のランディ(ライアン・レイノルズ)。対するオーストリア政府は、真っ向から反論。大切なものすべてを奪われ、祖国を捨てたマリアが、クリムトの名画よりも本当に取り戻したかったものとは──?

深い喪失から立ち上がった女性が、国を相手に奇跡を起こす――希望溢れる感動の実話。

実在の女性マリア・アルトマンを演じるのは、アカデミー賞®に4度ノミネートされ『クィーン』で主演女優賞を受賞、英国女王から"デイム"の称号を授与された名優ヘレン・ミレン。いつも元気でかなり頑固、おちゃめな毒舌とユーモアが冴えるマリアを軽快に演じると共に、そんな彼女が故郷を捨てた時、心の奥深くに封印した怒りや慟哭までをも繊細に表した。監督は『マリリン 7日間の恋』のサイモン・カーティス。二つの国と時代をドラマティックに行き来して、判決の興奮とその予想外の余韻を見事に描き切る。最後に明かされる真実は、観る者に前へと進む力をくれる希望と感動の実話ヒューマンドラマ。

スタッフ/キャスト

監督:サイモン・カーティス 『マリリン 7日間の恋』

出演:
ヘレン・ミレン 『クイーン』
ライアン・レイノルズ『あなたは私の婿になる』
ダニエル・ブリュール 『ラッシュ/プライドと友情』
ケイティ・ホームズ『バッドマン・ビギンズ』

2015年11月27日(金) TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー

2015 / アメリカ・イギリス / 109分 / カラー / シネスコ / 5.1chデジタル / 原題:WOMAN IN GOLD

提供:ギャガ、カルチュア・パブリッシャーズ 
配給:ギャガ

© THE WEINSTEIN COMPANY / BRITISH BROADCASTING CORPORATION / ORIGIN PICTURES (WOMAN IN GOLD) LIMITED 2015