裁きを受けよ メインキャスト
キム・ナムギル主演! キレる司祭×おバカ刑事の痛快アクションコメディ

熱血司祭

悪事を働く権力者たちに、怒れる司祭が立ち向かう痛快アクションコメディ。聖職者が主人公でありながら、決闘シーンが毎回のように登場することや、聖職者と刑事、検事が協力し合いながら殺人事件の捜査に乗り出すという風変わりなストーリーが大好評で、最高視聴率は22%を記録、さらに“2019 SBS 演技大賞”で、キム・ナムギルが大賞、イ・ハニが最優秀賞演技賞、キム・ソンギュンが優秀演技賞を受賞するなど8冠の快挙を達成“2019 ソウルドラマアワードでは韓流ドラマ賞部門、最優秀作品賞を受賞し、人気を証明した。キム・ナムギル扮する司祭が人間力で周囲の人を惹きつけ、仲間を増やしていくのがなんとも爽快。新型コロナウィルスでたまったストレスを吹き飛ばすこと間違いなしの傑作娯楽作品が誕生した!!

大切な人の死、罪、懺悔、赦し、トラウマの克服などシリアスなテーマを扱いながらも物語が重くならないのは、個性的でコミカルなキャラクター達を演じきった役者陣の力が大きく、なかでも、憤怒調節障害を抱えるキム・ヘイルを演じたキム・ナムギルの存在感は圧巻。キム・ソンギュン扮するデヨンとのシーンでは、コミカルな小競り合いを繰り広げ、大いに笑わせてくれる。また、イ・ハニ扮するキョンソンとのラブにまで発展しない友情以上、恋愛未満の関係も新鮮で、2人の絶妙に息の合った演技も見逃せない。そして最大の見せどころの1つが体を張った数々のド派手なアクション。キム・ナムギルのアクションドラマ代表作が誕生した。

検事、警察署長、区長、国会議員、元暴力団員が結託し、それぞれの権力を利用して悪のカルテルを結成。ヘイルが苦労して証拠をつかんでも、すぐに権力でもみ消してしまう。果たしてテイルはどんな方法で最悪最強の彼らに立ち向かうのか?

憎らしい悪人の部下たちは、逆にとてもユニーク。おかっぱ頭のチンピラ・チャンリョンや、インチキ教祖ヨンムン、ド派手なロシア人ゴザエフなど、一度見たら忘れられないキャラクターたちが大いに笑わせてくれる。また、中盤からは、ヘイルを一方的に敵視する元上司のジュングォンもラスボスとして登場。最後まで目が離せない。

ヒットドラマの条件のひとつは、サブキャラクターまでもが魅力なこと。すぐにキレるヘイルに手を焼いていた主任シスターと、ハン司祭にも意外な過去があり、その過去がのちの事件解決への足掛かりに。徐々にヘイルの事を認めていくシスターと、ヘイルを兄のように慕うハン司祭の3人の関係にも注目。また、お腹がいっぱいになると聴覚が強くなるヨハンと、気弱なキャラクターかと思いきや、実は武芸の達人のタイ人ソンハクの親友コンビの能力がヘイルの捜査に多いに役立つなど、サブキャラたちも大活躍。どのキャラクターたちも愛おしく思えてくる。

司祭のキム・ヘイルは、麗水から父親同然のイ・ヨンジュン神父がいるソウルのクダム聖堂にやって来る。イ神父に温かく迎えられ、何とか穏便に過ごそうと思うヘイルだが、怒りをうまくコントロールできず度々かんしゃくを起こす。一方、上昇志向の強いソウル地検の検事パク・キョンソンは、教会でヘイルに会う。ヘイルが気になるが、冷たく突き放されてしまう。チョルボムに抗議をしている人たちを、ヘイルは見捨てることができない。チョルボムを聖堂に入れるべきではないと主張するヘイル。信者を選ぶなどもっての他だとイ神父に怒られ2人は衝突する。その夜、イ神父は何者かに呼び出されるのだが翌日、遺体となって発見されて―!?

Staff

演出 : イ•ミョンウ 「耳打ち~愛の言葉~」「パンチ~余命6ヶ月の奇跡~」
脚本 : パク・ジェボム 「グッド・ドクター」「キム課長とソ理事~Bravo! Your Life~」