NEWS 最新情報

君の名前で僕を呼んで〜5th anniversary~ 予告編&特写解禁!

#洋画
日本公開5周年記念
君の名前で僕を呼んで〜5th anniversary~
映画の名シーンふんだんのイベント予告動画&
朗読劇出演:醍醐虎汰朗、阿部顕嵐の特写が解禁
2023年1月27日(金)~1月29日(日)

寿ザ・ガーデンホー
チケット絶賛 発売中!
 
映画『君の名前で僕を呼んで』の日本公開5 周年記念イベントが2023 年1 月27 日(金)〜29 日(日)に恵比寿ザ・ガーデンホールで開催されます。このたび、本イベントの予告動画と、イベント第1部の「朗読劇 君の名前で僕を呼んで」に出演する醍醐虎汰朗、阿部顕嵐の特写が公開となりました!
17 歳と24 歳の青年の、初めての、そして生涯忘れられない恋の痛みと喜びを描いた映画『君の名前で僕を呼んで』。主人公エリオを演じたティモシー・シャラメ、相手役オリヴァーを演じたアーミー・ハマーの魅力、イタリア出身のルカ・グァダニーノ監督の繊細な演出で日本でも大ヒットを記録しました。
今なおファンに愛されているこのまばゆい傑作の日本公開5周年を記念して、2023年27日(金)〜29日(日)に開催されるイベントは、第1部「朗読劇 君の名前で僕を呼んで」と第2部「映画スペシャルトーク」の2部構成となっています。そしてこのたび本イベントの予告動画と、朗読劇でエリオ役を演じる醍醐虎汰朗(だいごこたろう)とオリヴァー役の阿部顕嵐(あべあらん)、ふたりの特写が解禁となりました。映画の名シーンがたっぷり使われた予告動画は、本作を見たことがある方なら、一瞬で、映画の記憶がよみがえってくるような仕上がり。醍醐虎汰朗が特別に収録した最後の日本語のタイトルコールも聞き逃せません。


一方、醍醐虎汰朗と阿部顕嵐の特写は、カラー版とモノクロ版が到着。物語では17 歳と24歳に設定された、ふたりの青年のピュアな感情が、空気の中に流れているようなナチュラルなスタイリングのカラー2ショットと、憂いや切なさを感じさせる大人っぽいスタイリングのモノクロ撮影は、2 ショットとそれぞれ単独のショット。解禁となった4点の写真からも、<映画の世界観をどう表現するか>という挑戦に踏み出したキャストふたりの新しい魅力が溢れています。なお、この撮影を終えてのふたりの感想は、公式ツイッターで公開中。また特写は公式サイトでも公開しています。映画の美しさを大切に、エリオ役・醍醐虎汰朗、オリヴァー役・阿部顕嵐、ふたりの化学反応がますます楽しみになる朗読劇に、どうぞご期待ください。

醍醐虎汰朗《プロフィール》

2000年9⽉1 ⽇⽣まれ。新海誠監督『天気の⼦』主⼈公 森嶋帆⾼役(声の出演)にて、第⼗四回声優アワード新⼈男優賞受賞。映画『野球部に花束を』主演(2022年)映画『カラダ探し』(2022年)、舞台『千と千尋の神隠し』(2022年)に出演し話題を集める。2022年後期NHK連続テレビ⼩説「舞いあがれ︕」航空学校編に出演。

阿部顕嵐《プロフィール》

1997年8⽉30⽇⽣まれ。俳優としての活動を中⼼に、映画、ドラマ、舞台と幅広い作品に参加。代表作としては、主演を務めた映画「ツーアウトフルベース」が今年全国劇場公開、主演ドラマ「さよならハイスクール」もHulu にて現在配信中。また、『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stage や、「October Sky -遠い空の向こうに-」等の舞台作品にも多数出演している。7 ⼈組アーティスト7ORDER のボーカルとして⾳楽活動も精⼒的に⾏なっている。

特写クレジット
カラー2 ショット写真︓ディレクター=武⽥裕介/撮影=伊藤元気/スタイリスト=MASAYA(ADDICT_CASE)(醍醐)/ヘアメイク=中元美佳(醍醐)、荒⽊さき(ADDICT_CASE)(阿部)
モノクロ2 ショット&単独写真︓ディレクター=武⽥裕介/撮影=伊藤元気/スタイリスト=鴇⽥晋哉/ヘアメイク=カスヤユウスケ(ADDICT_CASE)

【イベント概要】
タイトル:君の名前で僕を呼んで ~5th anniversary~
原作:君の名前で僕を呼んで
脚本・演出:岡本貴也
音楽監督:土屋雄作
出演:醍醐虎汰朗、阿部顕嵐
演奏:土屋雄作、永田ジョージ、眞鍋香我
公演日時:2023年1月27 日(金)~1月29日(日)
・1月27 日(金)18時15分開場 19時開演
・1月28 日(土)11時15分開場 12時開演/15時45分開場 16時30分開演
・1月29 日(日)11時15分開場 12時開演/15時45分開場 16時30分開演
会場:恵比寿ザ・ガーデンホール
内容: 第1 部:朗読劇「君の名前で僕を呼んで」
第2部:映画スペシャルトーク 醍醐虎汰朗、阿部顕嵐 司会:よしひろまさみち(映画ライター)
チケット: 全席指定9,680 円(税込) *発売中
https://l-tike.com/kimiboku5th
お問合せ:contact@808.baby
主催・企画・製作:カルチュア・エンタテインメント株式会社
© Frenesy, La Cinefacture、© Culture Entertainment Co.,Ltd.

映画『君の名前で僕を呼んで』《あらすじ》
1983年夏、北イタリアの避暑地。17歳のエリオは、アメリカからやって来た24歳の大学院生オリヴァーと出会う。彼は大学教授の父の助手で、夏の間をエリオたち家族と暮らす。はじめは自信に満ちたオリヴァーの態度に反発を感じるエリオだったが、まるで不思議な磁石があるように、ふたりは引きつけあったり反発したり、いつしか近づいていく。やがて激しく恋に落ちるふたり。しかし夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づく…。

【公式サイト】
https://culture-pub.jp/cmbyn-5th/

【公式SNS】
Twitter:@cmbyn_movie_jp

【DVD&BD情報】
『君の名前で僕を呼んで』Blu-ray&DVD好評発売中!デジタル配信中!
© Frenesy,La Cinefacture

発売元:カルチュア・パブリッシャーズ セル販売元:ハピネット 公式HPはこちら
作品情報はこちら

Follow USオフィシャルSNS