出演者 出演者

初対面だけど愛しています

冷血わがままボスと熱血ひたむき秘書の嘘から始まる一目ぼれ!? ラブコメディ
冷血わがままボスと熱血ひたむき秘書の嘘から始まる一目ぼれ!? ラブコメディ
1秒で恋に落ちました
予告篇を見る TSUTAYA先行レンタル セル
予告篇を見る レンタル・セル情報

仕事は完璧ながら、わがままで冷血な上司・ミニクに使い走りのように扱われながらも、懸命に尽くしてきた秘書のガリが、人の顔を認識できなくなってしまったミニクの前で、彼のお見合い相手の女社長・ベロニカに成りすましたことから始まるロマンティックラブコメディ。ガリがベロニカだとは気づかず、2人を愛してしまったと苦悩するミニクを演じたキム・ヨングァンと、ミニクに嘘をついていることに心を痛めながらも、どうしようもなく彼に惹かれるガリを演じたチン・ギジュが相性抜群のカップル演技を見せ、微笑ましい2人の恋の行方を応援したくなることうけあい!さらに本作のコメディ部分を担っている元RAINBOWのジェギョン演じるベロニカのキャラクターも大きな見どころ。傍若無人ながら愛さずにはいられない役柄で、彼女が一途に恋する、ミニクの親友デジュとの恋の行方に注目だ。お互いを思い合う4人の姿に、見終わった後、思わず自分も恋がしたくなる、そんな温かな恋物語だ。

記憶力抜群で仕事も完璧、継母の期待に応えようと必死に仕事に励む一方、秘書のガリには無理難題を押し付けるわがまま上司っぷりを発揮していたミニク。だが、人の顔が認識できなくなり、頼りになるのは秘書のガリだけの状況に不安いっぱい。そして、ガリと偽ベロニカの2人の女性を好きになり“人の顔が分からないと、心まで分からなくなってしまう”と苦悩する姿は切なさ全開だ。はにかむと口角の上がるチャームポイントのアヒル口を存分に生かし、ガリに「寝かしつけてほしい」などと甘えるシーンでは、そのキュートさに、ニヤリとすること間違いなし!偽ベロニカに対する紳士的なふるまいから、ガリに見せる子供っぽい仕草まで、とても自然な演技で新たなラブコメキングに仲間入りしている。

会長の愛人の子として生まれ、継母からの厳しい視線に耐えながら育ってきたミニクにとって、幼い頃からの親友・デジュはたった一人ともいえる信頼する人物。デジュも同じ会社で働きながらミニクのことを支えてきたが、会社を辞職することを決意。そのタイミングと重なり、ミニクが暴君に襲われる事件が起こり、デジュの行動が怪しまれる事態にデジュのことを信じ続けるミニクだが、心が揺らぎはじめ…。

ミニクが襲われたきっかけとなったのが、あるUSBの存在。偶然、ミニクが手にしたUSBにはある会社の不正を収めたファイルが保存されており、それを取り返そうとした犯人に襲われてしまい、人の顔が認識できなくなってしまう。

人の顔を認識できなくなってしまったミニクだが、いつも赤いカーディガンを着ていたガリだけは、なぜか判別が可能。そんな中ガリは、出来心から彼の見合い相手のベロニカに成りすましたものの、彼がベロニカに一目ぼれしてしまい、ややこしい展開に。不本意ながら秘書と偽ベロニカとしての二重生活を送る中で、自分を必要とされ心が満たされる反面、ミニクをだましていることに胸を痛めるガリの複雑な心境を、チン・ギジュがキュートかついじらしい姿で演じ、感情移入してしまう。

元女優の美貌を誇り、女社長として映像業界で活躍するベロニカ・パク。パークグループの令嬢で、仕事ではプロらしい姿を見せるものの、実は恋愛下手。人脈やお金目当てに近づいてくる男たちに騙され続けること12回(本人申告)。今では、離れて行く男は引き止めず、接近してくる男も止めないという信念で男性と付き合っていたが、ミニクと間違えて偶然会った平凡なキ・デジュに惹かれ、自分になびかないデジュに、あの手この手でアプローチをしかける。そんなベロニカに動揺するデジュだが、その一生懸命さに次第に心を動かされていく。「本気の恋はしない」と強がるベロニカに「遊びの恋をはしない」というデジュ。2人はお試しで1カ月間交際することになる。常にテンション高めで、何かと横文字を口にし、「オーサム!」といいながら猪突猛進にデジュにぶつかっていくベロニカ。高飛車かと思いきや実は恋に一途で、周りの状況もよく見え、ガリとミニクの仲を取り持ってあげる優しさもあるベロニカは存在感抜群だ!

お見合い相手の偽ベロニカに会ったミニクは、赤いカーディガン姿ではないため、それがガリだとは気づかない。世間の評判の悪かったベロニカだが、そのイメージとは異なり、自分の食べ物のアレルギーを気づかってくれたり、傘を貸してくれたりした偽ベロニカに、初対面にして惹かれるミニク。一方のガリは、偽ベロニカでいるときは、ミニクが自分を女性として大切に扱ってくれることに喜びを感じ、いけないと分かっていながら何度か偽ベロニカとしてミニクと会うことに。自分と偽ベロニカの2人を同じように好きなことに苦悩するミニクの様子に、罪悪感を抱くガリ。事実を打ち明けようとするが、本物のベロニカの引き留めもあり、なかなか言い出せなくなってしまい…。

T&Tモバイルの本部長ド・ミニク(キム・ヨングァン)は、次期代表取締役の最有力候補。記憶力に優れ誰よりも仕事熱心で人使いが荒く、ミニクの秘書チョン・ガリ(チン・ギジュ)は理不尽な要求に振り回されてばかり。ミニクの幼なじみで同じ本部長のキ・デジュ(ク・ジャソン)はそんな2人の最大の理解者で、常にミニクを陰で支えていた。過去に秘書に裏切られた経験から秘書を1年ごとに変えてきたミニク。それを知りながら、契約更新のためにミニクに尽くしてきたガリだが、やはり1年で契約解除を告げられてしまう。その当日、暴君に襲われたミニクは、過去の頭部手術の影響もあり、ガリ以外、誰の顔も見分けられなくなってしまう。そんな中、ミニクにシネパーク社長ベロニカ・パク(キム・ジェギョン)とのお見合い話が舞い込むが、手違いでベロニカはデジュと会って一目ぼれ。一方、ミニクはベロニカの代役でデート場所に現れたガリをベロニカと思い込んだまま惹かれてしまうが……!?